スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B-1と鳥取チーム 

先週末に行われた、B級グルメの祭典 B-1グランプリ!
来場者が50万人と予測され
姫路の人口が50万人なので

ちょうど倍に膨らむ計算の日。

さあ、どうなるか!とおもっていたらすんごい人出だった!

まず金曜日にはB-1の出展者さんたちが各地から
おしよせ
町中の居酒屋さんが満席になっていたらしい。いいなあ!!!!

そして、仮Openとしてこの日だけ
うちのお客様を迎えいれました!

鳥取とうふちくわチーム!

お姉様方4人と高校生4人の計8人。

みんなとーっても素敵でかわいかった!

うち、2人は作用ホルモンくわせ隊の方で
今回は佐用ホルモンチームとしては出場しないので
石巻のやきそばチームの応援に加わったらしい。

(一生分の卵を焼いた、といっていたのがウケたw)

そんな彼女たちの出陣風景!

鳥取高校生(小)

鳥取チーム(小)

そしてガハハ屋台では、サングリアとホトックを販売しました!

スーパー女子チーム、ありがとう!そして、買いにきてくださったみなさん、
ほんとにありがとうございました!!!!


ガハハハウスは、また手直しを加えてパワーアップしてきます★



スポンサーサイト

パニクルー 

いやはや、ここまでくると、まったくもってパニクルー★

普通でも要領悪いのに、どやさ!な感じで。

多方面にご迷惑ばかりかけてごめんなさい…

ゲストハウスの許可をとらないといけない時期なのに。

イベントの準備やら。本職やらでいろんなことが…あわわわわ!

それにしても、ほんと、やることいっぱいで。

ゲストハウスをつくってきた先人たちは、すごいなあ、とおもう。

ほんまに。

そして、いつも、嫌な顔ひとつせず、

むしろ笑顔で手伝ってくれる みなさん ほんまありがとう!!!!

埃だらけで 臭さに嗚咽していても
みんなの笑い声により

めっちゃスカっとします★

今年の2月。このプロジェクトを始めるときに
元同僚であり、いつも助言をくれていたYさんが

「昔あったゲームウオッチの、ミッキーマウスが
卵をとるやつ、あれのようにキャッチしていかなくては
いけませんね」

と言われていたけど。

いやあ。落としまくっている気がしますw あかんやんww

でも、これからは落とさんようにがんばろう。

それにしても、同じゲームウォッチもってたんがびっくり!

ミッキーマウスの卵とりゲームって
はやってたんかなあ…

つくってもらってまんにゃわん 

前にてんこもり市に出展してくださっている作家さんで

木製品を作っていらっしゃる方がいて。

その方のお店にふらりとたちよったときに

一目惚れした、数字たち。
IMG_2503.jpg



ちょうど数字を探していたところだったから

素敵! 

と飛び上がってしまった。

アルファベットがちょうどたりていなかったので

大きさだけ計るのに、おいてみた図。

なんだかかわいくないですか?

えっさほいさ♪ 

先週やっていた、

廃棄作業…。

この家のおかげで、めっぽう廃棄に強くなってきました。

姫路市にはゴミ処理施設が2カ所あり、
市川美化センターという、小規模なゴミ処理場と
網干エコパークという、大規模なゴミ処理場があります。

市川ではひきとってもらえるものが限られており
(木材とかも、50cm以下しかひきとってもらえない)

網干エコパークだと、2m以下のものなら
ひきとってもらえるので便利。

ただ、遠いんですよね…まじで。

100キロ1000円でひきとってもらえるんですが
近隣の市と比べると、ちょっと高いんだそうです。

ちなみに、解体ででた「土」が多くて。
土1



なおかつ雨に降られて重いんですが…

ほかすしかない!とおもって2回にわけていきました。

… 2回でなんと、14,000円。

あぅぅうううううう。 デジカメとかかえるんちゃうか。
ってか、私がゲットしたプロジェクター並みの値段。

うーーーーーん。他の商品がとても安く感じてきました。

なんせ、建築にまつわるものってすべてが高いわあww

それにしても、大阪の舞州のスーパー焼却場が懐かしい…。

見つめられること 

今日は、お店の外回りの掃除、

そして昨日つくってもらった看板を

店先に掲げてきました。

店に昔からあったトンカチをつかっていたら
トンカチがまっぷたつに割れるという事件がありましたものの
(どれだけ腐ってるねん!)

無事、掲示することができました!
(Hさん、Kくん、スローソサイエティTさん、ありがとうございます!)

看板2

そしたら道ゆく人々が、ちゃんとよんでくれているんです。

うれしい!!!

「へえ~」とか
いろんな年代の人がみてくれて。

ああ、うれしいなあ。

おしゃれな若者が立ち止まり、ちょっと歩いてから
戻ってきてくれて。

「ここでするんですか?」と。

「そうなんです。あ、バックパッカーさんですか?」
ときくと

「たまに、なんですけどね。でもできたら遊びにきますね」

とうれしいコメント。

みずしらずの人にこうやって声をかけてもらえるなんて
ありがたいなーー。

すごくうれしい。

さ。これからどんどんがんばろーー☆★

看板1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。