スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化財保護法 

ほっと一安心。

立ち会いが終わりました。無事、工事を進められます。

というのは、この物件がある本町68番地。

これは皇居についで日本で2番目に広い番地で。

姫路城のぐるりの広大な範囲が「本町68番地」です。

この本町68番地の物件はなかなかのくせもので。

国宝姫路城の跡地ということで、いろんな規制があるのです。
(ちなみに68番地だけではなく、もうすこし広い地域がそれに
あたります)

ゆうなれば、「ほったら史跡がでてくる場所」

ということで、

①物件をたてるときには史跡調査が事前に必要な場所

②現在の物件の改築なら大丈夫だが、更地にして新築できない場所

などがあります。

ちょうど、この物件は②。

現状あるものを生かしてでしか、できないのです。


はじめに、建ぺい率400%の物件で商業地域だったので
「わお!やろうとおもえば、ビルたててるやん♪」
とかおもったのですが…

いえいえいえ。木造2階建てのこのボロ、いや、レトロ感を
たもちつつでしか物件が使えないのです。

わーーーお。

その上、その改築にも「市の許可」「国の許可」
があって、段階によって違うのです。

うちは雨漏りがしていたのと、腐っている部分があったので
補修します、という申請をだしました。

例えば屋根の色1つとっても同じ色でないといけないんですよ。

トタン屋根がグレーだったのですが、これが黄色になっちゃいけない。
(商店街の屋根にかくれて、外からはみえないのですが。それでも)

なんと…

ちなみにファザード(お店の顔となる全面部分)をかえるなら
それも許可がいる。

わーーーーお。


ただ、ファザードはきれいに掃除をしても、かえるつもりもないので
ちょうどよかった。

*************

それにしても、土地によっていろんな規制があるんだなと実感。

都市によって法令がぜんぜん違うのでびっくりすることだらけだけど。

ある意味、面白い…
(…いや、おもしろがってられないんだけどね。ある種ね)


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://himejimarukatsu.blog24.fc2.com/tb.php/17-51175977

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。