スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫路城、大阪城 

今日は「百人の哲学」にて
大阪ガスのSさんのお話をききました。

篠原3

大阪に住んでいたときから
街づくりの現場で
Sさんの姿をみていたので

大阪から姫路に転勤になってこられたと
聞いたときにはとてもうれしかったことを
覚えています。

ただ、お会いする機会がぜんぜんなかったのですが
(きっといつかお会いできるだろうとおもっていたw)
とうとう10ヶ月目の今日、お話することができました。

篠原さんが用意されていたパワーポイントには
大阪での事例や
それに付随する写真、
私の見慣れた光景が沢山(懐かしすぎる!)

そして
忘れかけていた初心を思い出していました。


また、その話の中でいまさらながら、気がついたこと。

お城に対する、姫路の人と大阪の人の想いが
あまりにも違うということ。

姫路人は姫路城をこよなく誇りにおもい、
愛してて、なんなら
「ウリは1にお城!2にお城!3にお城!」
みたいな勢いですが

大阪人は大阪城を(すきだとおもうけれど)
そこまで誇りにおもっている気配はない…
(いや、心の中であるんだろうけれど、姫路の人が
お城お城っていうのとはまた違う気がする)
なんなら、「へ?大阪城?観光でいくの?へ~」
程度なレベルだなと…

よくよく考えてみると、
大阪にだって観光要素はそこまでないはずだけれど

なんでもないところがとても大阪は楽しそうに見える。

なんでだろう…

そして街も素敵なんだけど

住民も本当に街を楽しんでいるんだなぁ。

いい意味での「いちびり」っていうんだろうか。

大人の遊びっていうんだろうか。

いかだ
【NPOの先輩方がやっていた大川でのいかだ花見。今みても、イカしてます。
  バカバカしくって、そして最高に粋やわあ…】


そんな素敵なことができる人が多いなあ。

遠くにたってみると、大阪のすごさを実感…。




私も姫路の街を遊び尽くせるようになりたいとおもいます。





スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://himejimarukatsu.blog24.fc2.com/tb.php/31-5b0110aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。